テーマを使用したショップの設定の変更

📘

この機能は、CS-Cart4.3.7以降で使用できます。

テーマは、サムネイルサイズ、商品リストの列数、特定の商品リストテンプレートなど、特定のショップの設定を考慮して設計することができます。テーマがアクティブになると、それに応じて設定を変更可能です。

管理者に表示される設定

管理者がいくつかの設定を変更するテーマを有効化すると、現在の設定とテーマに設定された新しい値のリストが表示されます。

これらの変更を許可するには、管理者はチェックボックスをオンにして、[ 選択した設定を上書き ]をクリックする必要があります。チェックされた設定のみが変更されます。すべての設定にチェックマークが付いていない場合、テーマの外観と機能が影響を受ける可能性があります。

設定を変更する方法

テーマが変更する設定を指定するには、テーマのmanifest.jsonsettings_overridesセクションを追加します。

"Settings_section_name": {  // 設定のセクション名
  "setting_name": value     // 設定: 値
  ...
}

セクションのリストは、cscart_settings_sectionsテーブルにあります。

設定とその値は、cscart_settings_objectsテーブルにあります。

一部の設定は、[表示設定]→[クイックビューの有効化]などのチェックボックスで表されます。チェックボックスをオン(true)にするには、スキーマで指定します。
チェックボックスをオフ(false)にするには、次の例のように指定します。

manifest.jsonsettings_overrides の例を次に示します。
ここにサンプルがあります

"settings_overrides": {
  "General": {
    "enable_compare_products": false
  },
  "Appearance": {
    "default_products_view": "products_without_options",
    "default_product_details_view": "bigpicture_template",
    "thumbnails_gallery": true,
    "enable_quick_view": false,
    "available_product_list_sortings": [
      "product-asc",
      "product-desc",
      "price-asc",
      "price-desc"
    ]
  },
  "Thumbnails": {
    "product_lists_thumbnail_width": 300,
    "product_lists_thumbnail_height": 300
  }
}

このテーマが有効化されると、manifest.jsonにこの設定を持つテーマは次のことを行います。

  • 商品の比較を無効にします。(一般設定→「お客様による商品の比較を許可する」)

  • オプションなしのリストを商品リストテンプレートとして設定します。(表示設定→商品リストのデフォルトビュー)

  • 商品ページのテンプレートとして「商品画像大」を設定します。(表示設定→商品詳細ページのビュー)

  • ミニサムネイルギャラリーを有効にします。(表示設定→ミニサムネイル画像をギャラリーとして表示)

  • クイックビューを無効にします。(表示設定→クイックビューを有効にする)

  • 選択ソートアルファベット順:AtoZに、アルファベット順:ZtoAに、価格によるソート:安いものから高いものへ、そして高い順:価格によるソートのみ利用可能な商品のリストソーティングなど。(表示設定→利用可能な商品リストのソート)

  • 商品リストのサムネイルの幅と高さを300ピクセルに設定します。(サムネイル→商品リスト(カテゴリ、検索など)サムネイルの幅)(サムネイル→商品リスト(カテゴリ、検索など)サムネイルの高さ)