{"_id":"5544d76bd8833c0d00582835","user":"551952063414b40d00e470cb","__v":1,"category":{"_id":"5544d76ad8833c0d00582802","pages":["5544d76bd8833c0d00582832","5544d76bd8833c0d00582833","5544d76bd8833c0d00582834","5544d76bd8833c0d00582835","5544d76bd8833c0d00582836","5544d76bd8833c0d00582837","5544d76bd8833c0d00582838","5544d76bd8833c0d00582839","5544d76bd8833c0d0058283a","5544d76bd8833c0d0058283b","5544d76bd8833c0d0058283c","5544d76bd8833c0d0058283d"],"version":"5544d76ad8833c0d00582801","__v":1,"project":"55227389b4a0de0d00de7e28","sync":{"url":"","isSync":false},"reference":false,"createdAt":"2015-04-06T11:52:42.014Z","from_sync":false,"order":0,"slug":"_","title":"コア"},"project":"55227389b4a0de0d00de7e28","version":{"_id":"5544d76ad8833c0d00582801","__v":1,"project":"55227389b4a0de0d00de7e28","forked_from":"55227389b4a0de0d00de7e2b","createdAt":"2015-05-02T13:55:54.059Z","releaseDate":"2015-05-02T13:55:54.059Z","categories":["5544d76ad8833c0d00582802","5544d76ad8833c0d00582803","5544d76ad8833c0d00582804","5544d76ad8833c0d00582805","5544d76ad8833c0d00582806"],"is_deprecated":false,"is_hidden":false,"is_beta":false,"is_stable":true,"codename":"","version_clean":"4.0.0","version":"4.0"},"updates":[],"next":{"pages":[],"description":""},"createdAt":"2015-04-06T12:01:42.099Z","link_external":false,"link_url":"","githubsync":"","sync_unique":"","hidden":false,"api":{"results":{"codes":[]},"auth":"required","params":[],"url":""},"isReference":false,"order":3,"body":"場合によっては複製やバックアップ、その他の目的のため外部のデータを取得するために追加のデータベース接続が必要になります。CS-Cartには標準とは別のデータベースホストへの接続を確立する便利なディベロッパーメソッドがあり、コアで厳密に定義されています。\n[block:api-header]\n{\n  \"type\": \"basic\",\n  \"title\": \"db_initiate :\"\n}\n[/block]\n**外部ホスト** のデータベースへの接続を確立するためにはこのメソッドを使います。\n[block:code]\n{\n  \"codes\": [\n    {\n      \"code\": \"<?php\\ndb_initiate($host, $user, $password, $name, $params = array());\",\n      \"language\": \"php\",\n      \"name\": \"db_initiate\"\n    }\n  ]\n}\n[/block]\n*パラメーター*\n\n- `$host` – DBホスト\n- `$user` – DBユーザー\n- `$password` – DBパスワード\n- `$name` – DB名\n- `$params` - 追加の接続パラメーターの配列\n    - `dbc_name` - ターゲットのデータベースを決めるためのローカル名\n    - `table_prefix` – ターゲットのデータベース名の前に付ける。  プレイスホルダー` ?: `によって置き換えられます。\n[block:api-header]\n{\n  \"type\": \"basic\",\n  \"title\": \"db_connect_to :\"\n}\n[/block]\n\n[block:code]\n{\n  \"codes\": [\n    {\n      \"code\": \"<?php\\ndb_connect_to($params, $name);\",\n      \"language\": \"php\"\n    }\n  ]\n}\n[/block]\n*パラメーター*\n- `$name `– DB名\n- `$params` - 追加の接続パラメーターの配列\n    - `dbc_name` - ターゲットのDBを決めるためのローカル名\n    - `[table_prefix]` – ターゲットのDB名の前に付ける。   プレイスホルダー` ?: `によって置き換えられます。`db_initiate`メソッドで`$params`に使用されるデフォルト値`table_prefix`\n\nこれらの関数を呼び出した後、リクエストは新しいデータベースに対して処理されます。  \n\n\n例:\n[block:code]\n{\n  \"codes\": [\n    {\n      \"code\": \"<?php\\n$params = array(\\n\\t'dbc_name' => 'backup',\\n\\t'table_prefix' => 'cscart'\\n);\\ndb_initiate('localhost', 'db_user', 'db_password', 'cscart_backup', $params);\\ndb_connect_to($params, 'cscart_backup');\\n \\n$data = db_get_array(\\\"SELECT * FROM ?:products\\\");\",\n      \"language\": \"php\"\n    }\n  ]\n}\n[/block]\nこの例では、`$data`には、ローカルホスト上のデータベース*cscart_backup* 内の *cscart_products*テーブルからのデータを含んでいます。","excerpt":"","slug":"connecting-additional-databases","type":"basic","title":"他のデータベースへの接続"}

他のデータベースへの接続


場合によっては複製やバックアップ、その他の目的のため外部のデータを取得するために追加のデータベース接続が必要になります。CS-Cartには標準とは別のデータベースホストへの接続を確立する便利なディベロッパーメソッドがあり、コアで厳密に定義されています。 [block:api-header] { "type": "basic", "title": "db_initiate :" } [/block] **外部ホスト** のデータベースへの接続を確立するためにはこのメソッドを使います。 [block:code] { "codes": [ { "code": "<?php\ndb_initiate($host, $user, $password, $name, $params = array());", "language": "php", "name": "db_initiate" } ] } [/block] *パラメーター* - `$host` – DBホスト - `$user` – DBユーザー - `$password` – DBパスワード - `$name` – DB名 - `$params` - 追加の接続パラメーターの配列 - `dbc_name` - ターゲットのデータベースを決めるためのローカル名 - `table_prefix` – ターゲットのデータベース名の前に付ける。 プレイスホルダー` ?: `によって置き換えられます。 [block:api-header] { "type": "basic", "title": "db_connect_to :" } [/block] [block:code] { "codes": [ { "code": "<?php\ndb_connect_to($params, $name);", "language": "php" } ] } [/block] *パラメーター* - `$name `– DB名 - `$params` - 追加の接続パラメーターの配列 - `dbc_name` - ターゲットのDBを決めるためのローカル名 - `[table_prefix]` – ターゲットのDB名の前に付ける。 プレイスホルダー` ?: `によって置き換えられます。`db_initiate`メソッドで`$params`に使用されるデフォルト値`table_prefix` これらの関数を呼び出した後、リクエストは新しいデータベースに対して処理されます。 例: [block:code] { "codes": [ { "code": "<?php\n$params = array(\n\t'dbc_name' => 'backup',\n\t'table_prefix' => 'cscart'\n);\ndb_initiate('localhost', 'db_user', 'db_password', 'cscart_backup', $params);\ndb_connect_to($params, 'cscart_backup');\n \n$data = db_get_array(\"SELECT * FROM ?:products\");", "language": "php" } ] } [/block] この例では、`$data`には、ローカルホスト上のデータベース*cscart_backup* 内の *cscart_products*テーブルからのデータを含んでいます。