{"__v":0,"_id":"5563df394e990b2100d425ba","initVersion":{"_id":"5544d76ad8833c0d00582801","version":"4.0"},"project":"55227389b4a0de0d00de7e28","tags":[],"user":{"_id":"551952063414b40d00e470cb","username":"","name":"Toshihiro Yoshiura"},"createdAt":"2015-05-26T02:49:29.338Z","changelog":[],"body":"テンプレートのカスタマイズなどで便利な関数「fn_print_r」をご紹介します。\n**fn_print_r**関数は、変数の中身を分かりやすくダンプする関数です。\n\nPHP標準の`print_r `関数よりもスタイルが付いており、\nデータの構造を分かりやすく確認することが出来ます。\n[block:image]\n{\n  \"images\": [\n    {\n      \"image\": [\n        \"https://files.readme.io/MP0e4h9sR6y3GcO8WPtU_fn_print_r3.png\",\n        \"fn_print_r3.png\",\n        \"799\",\n        \"442\",\n        \"#964a35\",\n        \"\"\n      ]\n    }\n  ]\n}\n[/block]\n\n[block:api-header]\n{\n  \"type\": \"basic\",\n  \"title\": \"利用方法\"\n}\n[/block]\n**fn_print_r**関数は、テンプレートファイル(.tpl)で使用します。\n[block:code]\n{\n  \"codes\": [\n    {\n      \"code\": \"{$出力したい変数|fn_print_r}\",\n      \"language\": \"html\"\n    }\n  ]\n}\n[/block]\n\n[block:callout]\n{\n  \"type\": \"warning\",\n  \"title\": \"注意\",\n  \"body\": \"テンプレートファイルを直接編集すると、コアファイルを書き換えることになるのでMy Changesアドオンなどで [**フック**](doc:hooking)を使って変数を出力するようにしましょう。\"\n}\n[/block]\n## テンプレートHOOKを使用した変数の出力例\n\n以下のファイルを用意すれば、ストアフロントのカテゴリーページ(index.php?dispatch=categories.view&category_id=223)でカテゴリーの情報が格納された変数`$category_data`を出力することが出来ます。\n\n/design/themes/responsive/templates/addons/my_changes/hooks/categories/view.pre.tpl\n\n### ファイルの内容\n[block:code]\n{\n  \"codes\": [\n    {\n      \"code\": \"{$category_data|fn_print_r}\",\n      \"language\": \"html\"\n    }\n  ]\n}\n[/block]","slug":"check-variables","title":"Check variables - 変数の確認"}

Check variables - 変数の確認


テンプレートのカスタマイズなどで便利な関数「fn_print_r」をご紹介します。 **fn_print_r**関数は、変数の中身を分かりやすくダンプする関数です。 PHP標準の`print_r `関数よりもスタイルが付いており、 データの構造を分かりやすく確認することが出来ます。 [block:image] { "images": [ { "image": [ "https://files.readme.io/MP0e4h9sR6y3GcO8WPtU_fn_print_r3.png", "fn_print_r3.png", "799", "442", "#964a35", "" ] } ] } [/block] [block:api-header] { "type": "basic", "title": "利用方法" } [/block] **fn_print_r**関数は、テンプレートファイル(.tpl)で使用します。 [block:code] { "codes": [ { "code": "{$出力したい変数|fn_print_r}", "language": "html" } ] } [/block] [block:callout] { "type": "warning", "title": "注意", "body": "テンプレートファイルを直接編集すると、コアファイルを書き換えることになるのでMy Changesアドオンなどで [**フック**](doc:hooking)を使って変数を出力するようにしましょう。" } [/block] ## テンプレートHOOKを使用した変数の出力例 以下のファイルを用意すれば、ストアフロントのカテゴリーページ(index.php?dispatch=categories.view&category_id=223)でカテゴリーの情報が格納された変数`$category_data`を出力することが出来ます。 /design/themes/responsive/templates/addons/my_changes/hooks/categories/view.pre.tpl ### ファイルの内容 [block:code] { "codes": [ { "code": "{$category_data|fn_print_r}", "language": "html" } ] } [/block]